1. トップページ >
  2. お知らせ一覧

お知らせ一覧 


・1/20(日) 「絹カフェ&島村の養蚕施設見学ツアー」 開催しました!

 1/20(日)に上武地域の魅力を若者目線で発掘・発信する団体「SIL-linK JOBU」と共同で「絹カフェ&
 島村の養蚕施設見学ツアー」を開催しました!
 午前中は田島弥平旧宅、桑麻館、進成館を見学し、更に島村周辺の散策を行いました。
 午後は本庄市の「はにぽんプラザ」へ移動し、「絹カフェ」を実施。上武地域の絹産業の歴史やこれからの
 ことについて意見交換を行いました。
 ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!


   2019/1/24更新


・1/20(日)開催 「絹カフェ&島村の養蚕施設見学ツアー」
 ※イベントは終了しました
 1/20(日)に上武地域の魅力を若者目線で発掘・発信する団体「SIL-linK JOBU」と共同で「絹カフェ&
 島村の養蚕施設見学ツアー」を開催します!
 午前中は田島弥平旧宅をはじめとした、島村の養蚕施設の見学を行います。田島弥平の兄、武平の子孫の
 方のお話を伺ったり、養蚕農家建築のやぐら内を見学するなど、盛りだくさん!
 午後は本庄市の「はにぽんプラザ」へ移動し「絹カフェ」を行います。「絹カフェ」とはお茶を飲みながら
 気軽に、上武地域の絹産業について、様々な観点から語り合う場のことです。
 堅苦しいことは何もありません!お気軽にご参加が可能です♪
 午前・午後どちらかの参加も可能ですが、1日通して参加される方にはお昼のご用意があります。
 そのため、お申込みは1/18(金)いっぱいとなります!
 ふるってご参加くださいませ~♪

 お申込みやご質問等は、以下のページからお願いします。
 https://www.facebook.com/events/573803359723167/


   2019/1/17更新


・12/9(日)開催 「子ども体験フェスティバル2018」 一部内容変更のお知らせ

 12/9(日)に開催致します「子ども体験フェスティバル2018」のチラシにて、
 当イベントに本庄市のゆるキャラ「はにぽん」が登場するとの記載がありますが、
 都合により登場ができなくなりました。

 「はにぽん」の登場を楽しみにしていた皆様、申し訳ございません。
 何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。


   2018/12/4更新


  ・「日本シルクロードFAMトリップ」が開催されました
   10/28(日)~11/2(金)に横浜コンベンション協会が主催で、中国の旅行会社を対象とする「日本シルク
   ロードFAMトリップ」が開催されました。
   10/30(火)には上武絹の道地域の高山社跡、富岡製糸場、田島弥平旧宅を訪問したため、NPOのスタッフも
   同行しました。
   また11/1(木)にはFAMトリップに参加した方々との商談会があり、そこでは外国人旅行者の立場から、
   様々な意見を聞くことができました。

   

・10/29(月),11/6(火)
「富岡製糸場&碓氷製糸 世界遺産でめぐる産業観光の旅~日本の製糸業今昔物語~」開催

 ※イベントは終了しました

 富岡製糸場と碓氷製糸という2大製糸工場をめぐるツアーを、東武トップツアーズ様の協力を得て
 開催致します。
 10/29(月)の解説は当NPOの佐滝専務理事が務め、11/6(火)は富岡製糸場世界遺産伝道師の方が
 行います。昼食には豪華なすき焼き御膳を予定しており、その他にも嬉しい特典をご用意しています。

 「富岡製糸場は行ったことがあるけれど、碓氷製糸はまだ...」という人も、
 「どちらも行ったことがない」という人も、
 両方の施設を一気に見て 比較ができるまたとないチャンスです!是非ご検討下さい!

 尚、ツアーのお申込やお問合せは東武トップツアーズ様へお願い致します。

 東武トップツアーズ様ホームページはコチラ→(別窓が開きます)
 以下のチラシをクリックすると、別窓でPDFファイルが開きます。

    
   (表・4.3MB) (裏・8.8MB)

   2018/09/21更新



・富岡市新庁舎落成式に伴う物販販売会の出展について

 3/24(土)に富岡市新庁舎の落成式が開かれます。その際、富岡市関係市町村の特産品の販売が
 行われます。
 詳細は以下の通りです。

 ①日時 平成30年3月24日(土)
     午前10時~午後4時(雨天決行)
 ②会場 城南通り南広場 特設ブース(図面参照)
 ③主催 富岡市
 ④申込 3月2日(金)までに「出展希望申込書」を富岡市観光おもてなし課までご提出ください。
 ※お問合せは富岡市役所 世界遺産部観光おもてなし課(0274-62-5439)へお願い致します。

 図面(PDFファイル 3,026KB)
 出展希望申込書 (PDFファイル 49KB)

   2018/3/1更新



・1/24(水) 「つくば市観光開発推進特別委員会行政視察」開催
 茨城県つくば市の議員の皆様が上武絹の道事業の視察にいらっしゃいました。
 サンデンコミュニケーションプラザにもお立ち寄り頂き、意見交換会を開催致しました。
 上武絹の道事業に大変関心を持って頂いており、様々な質問や意見を交わすことができ、
 大変有意義な会議となりました。 


   2018/2/1更新


・1/18(木) 「内閣府地域活性化プラットホーム現地コンサルティング」開催
 内閣府地域活性化プラットフォ-ムワ-キングチ-ムの委員の方々や、内閣府地方創生推進事務局の方々を
 お招きして、渋沢栄一記念館、渋沢栄一生誕の地「中の家」、田島弥平旧宅と近隣の養蚕農家群の現地視察
 を実施しました。
 その後、上武絹の道地域の自治体の方々を交えて意見交換会を行い、ワーキングチームの皆様から上武
 絹の道事業の今後の活動について、貴重なアドバイスを頂きました。



   2018/1/24更新



  

・12/13(水) 第2回意見交換会 開催
 上武絹の道の地域で、地域振興の為に活動している方々にお集まり頂き、今回は懇親会を兼ねた
 意見交換会を行いました。
 どうすればこの地域のよさを知ってもらえるか?そのためにどんな活動をしているか?など、
 実りのあるお話が沢山出来ました。

   2017/12/21更新




  ・12/17(日)「シルク博in伊勢崎」
   伊勢崎市にて「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録3周年を記念した
   「シルク博in伊勢崎」が開催されます。
   シンポジウムやスタンプラリー、シルクに関係する展示、バスハイクが予定されています。
   このシンポジウムには当NPOの日下部副理事長や栗原理事、佐滝専務理事が出席致します。
   参加無料のイベントですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
   
   イベント紹介ページ
   シルク博in伊勢崎(別窓が開き、上毛新聞のホームページへ移動します)
   イベントチラシ
   (PDFファイル 2.83MB)
   2017/11/22更新


  ・11/9,10(木、金)
   島根県大田市で「世界遺産サミット」が開催されました。

   当NPOの佐滝専務理事がパネリストとして出席しました。
   山陰中央新報の以下のページにて記事が出ていましたので、ご紹介いたします。
   山陰中央新報 ◆大田で世界遺産サミット(別ウィンドウが開きます)
   
   2017/11/17更新


  ・11/9,10,11(木、金、土)
   「全国商工会議所観光振興大会2017in前橋」が開催されました。

   当NPOの理事長や理事がパネラーとして登壇し、その様子が群馬テレビにて紹介されました。
   以下のリンクよりYoutubeにアップされた動画がご覧になれます。

   前橋に全国から1800人 商工会議所の観光振興大会(別ウィンドウが開き、Youtubeに移動します)

   
   2017/11/14更新


・10/27,28(金、土)「スカイツリートレインで行く 3つの世界遺産 
                               群馬シルクロードツアー」開催

※イベントは終了致しました。
 沢山のご応募ありがとうございます。


 東武トップツアーズ様にて、富岡製糸場・荒船風穴・田島弥平旧宅を巡り、磯部温泉に一泊するツアーが
 開催されます。ご興味のある方はチラシをご覧ください。
 尚、お申込やお問合せは東武トップツアーズ様へお願い致します。

    

   2017/08/24更新



・NPO産業観光学習館のInstagramページを作りました。


写真をアップしていきますのでよかったらご覧ください。
→ https://www.instagram.com/npo_sankan/

トップページ右のサイドバーにあるアイコンから各SNSに飛ぶことができます。ご覧ください。 2016/08/31更新



・10/13(木)10:00~12:00 サンデンコミュニケーションプラザでRESAS研修会を行います。


~RESASとは 経済産業省が開発した地域経済分析システムでWeb上で無料で誰でも使うことができます。
詳細はこちら
 → まち・ひと・しごと創生本部 地域経済分析システム(RESAS(リーサス))
 → RESAS HP
また、今回は一般募集は行っておりませんのでご了承ください。 2016/08/23更新



・6/14(火)NPO産業観光学習館監事の石倉 利雪氏が関東学園大学でNPOについての講義を行いました。


元々通常の講義ではNPO産業観光学習館理事の湯本 敬一氏が講師を務めているのですが、今回はゲスト講師として実際に今NPOの運営に携わっている石倉氏が講義を行いました。

「NPO」「地方創生」「DMO」の3つのキーワードからNPO赤城自然塾、NPO産業観光学習館の活動を通して感じた事や助言等を学生たちに伝えました。2016/6/18更新



         



・6/9(木)上武絹の道運営協議会 設立総会を開催しました。


今回の上武絹の道運営協議会発足に際し、運営協議会を組織する7市町の市長をはじめ、群馬、埼玉両県の県、市、町関係者約50名がサンデンコミュニケーションプラザで一堂に会しました。

「上武絹の道」というのは群馬県、埼玉県の7市町(富岡市、伊勢崎市、藤岡市、下仁田町、深谷市、本庄市、熊谷市)とNPO産業観光学習館が推進する、観光を中心とした広域連携事業です。この地域は昔から養蚕業や製糸業が盛んで、富岡製糸場をはじめとする世界遺産4資産の他にも絹産業に関係する事物が数多くあります。それらを活用し観光に結び付けることで地域の経済を活性化させようというのが現時点における目的の中心です。

各市町長から積極的に事業を推進していこうという力強い意思が感じられ、和やかな雰囲気で会は進みました。また、オブザーバーとして群馬県、埼玉県と安中市も参加し、協力を約束してくれました。この取り組みを成功させ、地域を活性化できればと思います。 2016/6/18更新


  

         
             



・4/20(木)上武絹の道運営協議会設立前準備会合を開催しました。


この会合は経済産業省平成26年度補正予算「地域イノベーション協創プログラム補助金」でこれまでに作られた 「上武絹の道」という広域連携事業を引き続き進め、さらに展開していこうという趣旨で開かれました。

この日は参加自治体の代表とNPO産業観光学習館関係者が集まり、運営協議会の規約等について話し合いました。

本年度は国の地方創生加速化交付金を使い「上武絹の道」を広く知ってもらうための活動をメインに行う予定です。 2016/4/23更新

  



・先日の連絡協議会に参加された、深谷市文化財保護審議会会長の荻野勝正さんから、 尾高惇忠の「秋蚕の碑」に関しての資料をいただきましたので公開いたします。



   写真   「秋蚕の碑」案内文
 

「秋蚕の碑」・・・明治初期、秋蚕の発展に功績があった深澤家をたたえる碑。 世界遺産に登録された富岡製糸場の初代場長・尾高惇忠による書で富岡製糸場も含む当時のいきさつが漢文で刻まれている。  ~埼玉交通情報「秋蚕の碑」ページより引用 2016/4/5更新



  


・3/30(木)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」第4回連絡協議会完了報告会を開催しました。


 

本事業が完了したことを関係者に報告する完了報告会が3月30日、サンデンコミュニケーションプラザ ホールで行われ、事業責任者の石倉 利雪氏から経済産業省へ行った報告会の概要説明やこの事業の決算報告、内閣府地方創生加速化交付金採択等の説明がありました。本事業終了に伴い連絡協議会は終了し、今後は上武絹の道運営協議会として、自治体や関係団体とともに地域振興を進めていくことになります。 2016/4/4更新



  



・2/26(金)「平成27年度 三市連携スキルアップ研修」を開催しました。


 

伊勢崎市、本庄市、深谷市の絹産業遺産でガイドを行っているボランティアの方たちのスキルアップを目的として、伊勢崎市境にある中澤カフェで研修を行いました。本事業は伊勢崎行政県税事務所からの委託事業です。

 参加したのは、主に田島弥平旧宅(伊勢崎市)、競進社模範蚕室(本庄市)、尾高惇忠生家(深谷市)のボランティアガイドで、各施設から3~5名参加しました。午前中は伊勢崎市境にある中澤カフェの、敷地内にある蔵の中で講義を行いました。はじめは当NPO理事長、近藤功氏の「富岡製糸場と絹産業遺産群について」で、世界遺産登録の際の話も織り交ぜながらわかりやすく話をされていました。参加者達も熱心に耳を傾け、講義後も質問が相次ぎました。次にガラッと雰囲気が変わり、有限会社イマージュの久保田桂子さんによる接遇の講座が始まりました。声を出したり、表情を作ったりと、体を動かしながらリラックスした雰囲気で講義が進みました。

 昼食をはさみ、実際に各施設を回って現地で研修を行いました。それぞれの施設で、代表で1名ずつが午前中の講義を活かし、ガイドを行ってくれました。他の参加者も自分の施設以外の解説を聞き、刺激を受けていたようです。
 ガイドは現地を見学する時にはその場所の顔になります。見学者の満足度の大きな部分を左右する重要な仕事です。そのため、このような場を定期的に設け、常にスキルアップを図っていくことが重要になると思います。 2016/2/29更新


  

この蔵の中で研修しました みんなで囲んで聞く講義 久保田さんの接遇講座

おやつも出ました 尾高惇忠生家 田島弥平旧宅 競進社模範蚕室



・1/28(木)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」第3回連絡協議会報告会を開催しました。


 

今回の報告会は本事業にかかる会合としては最終の会合となり、この事業に関わる関係者50名以上が参加しました。前回までと同じく、この事業の責任者、石倉 利雪氏(NPO産業観光学習館 監事)が司会進行を務め、作成した資料について説明を行いました。今回の事業を通じて、行政地域の枠を越えた、広域連携の足がかりができました。今後の活動は経済産業省の助成金の対象にはなりませんが、継続して地域の活性化に向けた取り組みを行っていきます。 2016/2/8更新






・1/25(月)第8回ワーキンググループ会議1を開催しました。


 

WG-1も今回で8回目を迎えます。同時に今回が最後の開催になります。今回は旅行業者に対して行ったアンケート調査の結果と作成した資料の最終確認が主なテーマでした。アンケート調査では、有意義な意見やアドバイスも多く、今後に役立つ情報が得られました。資料については、1/17に撮影を行った体験ストーリーのイメージ映像が出来上がり、メンバーに披露されました。その他、これまでに作成された資料の細かな修正があり、メンバーの日下部氏のねぎらいのあいさつで閉会となりました。
 参加していただいたワーキンググループのメンバーの皆さん、大変お疲れ様でした。この会合の成果を経済産業省に提出し、また、今後に役立てていきたいと思います。 2016/2/8更新






・2/19(金)伊勢崎市観光ガイド養成講座の成果発表会を行います。


 昨年の12月から行っています伊勢崎市観光ガイド養成講座ですが、2/19にサンデンコミュニケーションプラザで成果発表会を行います。 一般の方も見学無料なのでぜひお越しください。また、来年度もこの事業を行う予定ですので、伊勢崎市のことをもっと知りたい!、調べることが大好き!という方は是非参加してください。 詳細は当NPOにお問い合わせください。 2016/1/21更新


← クリックで拡大します




・1/17(日)地域ストーリー策定事業の経験ストーリー映像イメージを撮影しました。


 

これまでのWGの中で設定したペルソナA、B、Cですが、それぞれのストーリーを具体的に表すために映像を作成します。この日はそのための撮影をしました。 ペルソナAは両親と子供たち、ペルソナBは部長と若手社員数人、ペルソナCは熟年夫婦として、それぞれ被写体になる人を集め、撮影場所に赴きました。 場所は富岡製糸場や渋沢栄一記念館などで、撮影監督からああしてくれ、こうしてくれと注文が飛びました。(モデルは素人です)
 この日は穏やかに晴れ、撮影には最適な天気でした。次の日は雪だったので運も良かったですね。撮影に協力していただいたみなさん、ありがとうございました。 2016/1/21更新



協力してくれたみなさん 熟年夫婦の製糸場見学 部長と若手社員の研修 お店で食べる家族

来場記念プレートと一緒に 昼食の場面もカメラでパシャ! 昼食に煮ぼうとうをいただきました


・12/22(火)第7回ワーキンググループ会議1を開催しました。


 

WG会議7回目は年末です。事業の日程では成果物の提出まであと約1か月となりました。今回の会議では、これまで行ってきたことを1冊のファイルにまとめ、それぞれの段階の確認、チェック、検討を行いました。

 まず、オリジナルストーリーに関しては、内容の細かな修正や校正等を行いました。調査に関しては、インターネット調査、対面調査、富岡での調査、それぞれの調査結果からの分析を行い、仮定したペルソナ像A,B,Cについて担当者から説明がありました。経験ストーリーに関しては、仮定したペルソナ像からの映像イメージ、シンボルマークの設定、事業化案など、それぞれの作者から説明がありました。さらに、全体についてメンバーに意見を求め、計画の改善に努めました。

 今後は、期限の来年1月末までに評価指標を定めて、事業の成果物を作成し、経済産業省へ提出することになります。

 また、この補助金事業後も地域連携プロジェクトは継続していくので、作成した成果物などを基に地域活性化の取り組みを続けていくことになります。 2015/12/25更新




・12/8(火)伊勢崎市立境小学校で「富岡製糸場と絹産業遺産群」の出前講義を行いました。


 

先日、境小学校の根岸先生からNPO産業観光学習館に絹産業遺産についての講義の依頼があり、それを受けて今回、境小学校へ近藤理事長が赴き、4年生を対象に出前講義を行うこととなりました。
 生徒は皆、近藤理事長がスライドを指差しながらする絹産業遺産のお話を興味深く熱心に聞いていました。話の最中にメモを取っている様子があちこちでみられ、また、話が終わった後も質問が相次ぎ、絹産業遺産に関しての意識の高さがうかがえました。

 境小学校は来年度から境島小学校を併合し、養蚕の歴史と文化を教育に盛り込みます。校長先生も大変熱心で、色々と構想があるようですし、世界遺産の田島弥平旧宅を抱える学区という意味でも、生徒が絹産業遺産に興味を持ち、将来的にこの分野の研究、維持、発展などに携わる人材が現れてくれることを期待したいです。 2015/12/9更新




・11/12(木)第6回ワーキンググループ会議1を開催しました。


 

WG会議1も今回で6回目となり、終盤戦突入です。
 今回の会議ではまず、ペルソナの経験ストーリーについて、作成された原案を基に議論しました。複数のアンケート調査によって、ペルソナ像がある程度浮かび上がってきており、それぞれのペルソナについてテーマやキーワードなどを考え、より訴求力のある経験ストーリーを作成する必要があります。
 また、オリジナルストーリーについても原案を基に、内容に錯誤がないか、登場する人物や事象、構成などは適正かなど、意見を出し合い手直しをしていきました。
 これからの期間は完成に向けて慌ただしく詰めの作業が続きます。また、期間が決まっているので、どこまでできるかという事もあります。そういった中作業は着々と進められています。  2015/11/27更新




・第5回WG会議1、第2回WG会議2、合同会合・第2回連絡協議会報告会の議事録を公開します。


 

 第5回WG会議1、第2回WG会議2、合同会合議事録 2015.11.4開催
 第2回連絡協議会報告会議事録          2015.10.26開催   2015/11/26更新



・11/4(水)第5回ワーキンググループ会議1、第2回ワーキンググループ会議2、合同会合を開催しました。


 

前半は経済産業政策局 地域経済グループ 地域新産業戦略室 調査企画官の山田 雄一 氏に「世界遺産を活用した地域振興のあり方」というテーマでお話をしていただきました。観光産業の現状やこれから何をすべきなのか、また、ストーリーを使った地域観光からDMOの展開についてのお話をグラフや図、データを使いながらわかりやすく説明していただきました。
 後半は質疑応答という形で、参加者がそれぞれ疑問に思っていることや抱えている問題点などを山田氏へ質問しました。やはり皆さんDMOに関しての質問が多く、今後DMOを取り入れるには何をどのようにするのが最もいいのか色々と模索している様子が窺えました。この会合をきっかけにDMOの理解が進み、それぞれの地域で導入が進んだり、観光業の活性化につながればいいですね。 2015/11/26更新




・10/26(月)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」第2回連絡協議会報告会を開催しました。


 

今回は経済産業省 関東経済産業局の和田 宗介 氏にも参加していただき、絹のみち広域連携プロジェクトについてお話していただきました。そして前回の報告会とほぼ同様の参加者を前に、進捗状況の説明、意見交換等を行いました。オリジナルストーリー案や調査結果の中間報告、経験ストーリーの具体案などが紹介され、事業もかなり進み、終盤に差し掛かっていることを感じさせました。具体的な案が提示されたので、これまで漠然としていたものがよりわかりやすくイメージできるようになってきたのではないかと思います。

 この事業は来年の1月末までなので、この報告会で出た意見を参考にしつつ、さらに煮詰め、期限までに成果物を経済産業省に提出することになります。次回は来年1月に最終報告会を開催する予定です。 2015/11/4更新




・第4回ワーキンググループ会議1の議事録を公開します。


 

第4回ワーキンググループ会議1議事録 2015.10.16開催   2015/10/22更新



・10/6(火)から10/7(水)まで、サステイナブル・ツーリズム国際認証 尾瀬・片品フォーラムに参加しました。

 フォーラム自体は10/5(月)から3日間の開催でしたが、2日目からの参加となりました。

 サステイナブル・ツーリズム国際認証とは、持続可能な観光についての国際的な評価基準です。 この基準を満たし認証を受けることで、世界で通用する一定の評価基準を満たしているという証明になります。

 2日目の10/6は基調講演、パネルディスカッションの後、グループに分かれてそれぞれ別のテーマ(宿泊施設、オペレーター、観光地、インバウンド) について話し合う分科会が行われました。 2日目は時間が短くて、あまり話が進みませんでしたが、3日目の10/7も同じメンバーで同じテーマについて話し合い、 各グループとも 議論の共有化ができたのではないでしょうか。取り組み事例紹介の後、各グループの発表があり、それぞれのグループが内容の濃い発表で、 充実した議論が行われた様子が伝わってきました。

 また、このフォーラムは地元地域の大変熱のこもった協力が見られたのも非常に印象的でした。地元をよくしよう、 観光客を呼び込もうという熱意がすごく感じられました。 初めて聞くことも多く、難しく感じる部分もありましたが、参加してみて大変意義のあるフォーラムでした。 2015/10/13更新




・10/1(木)第4回地域ストーリー策定事業ワーキンググループ会議1(ストーリー作成)を開催しました。


こちらは約1か月おきに開催しているWGで今回で4回目となります。
 今回は主に市場調査の実施についての説明とこの事業での成果物に関して具体的な例を示して話し合われました。市場調査に関しては、調査を受託している株式会社エイエイピーの小島氏、伊藤氏から説明がありました。すでに始まっている調査もあり、10月の終わりころにはレポートなどにまとめられるという事でした。成果物に関しては、様々な意見が出され議論が行われました。今後その意見をどう吸い上げ、どのように活かし、まとめていくのか、という事が非常に重要になると感じました。  2015/10/09更新





・9/30(水)第1回地域ストーリー策定事業ワーキンググループ会議2(DMO勉強会)を開催しました。


今回から行うWG-2は、今までのWGとは別に事業策定やDMOに関して行うWGとして活動します。今日はDMOについて深く知るために日本政策投資銀行から地域企画部担当部長 中村 欣央 氏をお招きし「インバウンド観光客への対応強化に向けての日本型DMOの活用について」と題して講義をしていただきました。

 今回は群馬県、埼玉県から伊勢崎市、富岡市、藤岡市、本庄市の4市町の職員7名、NPO産業観光学習館から理事 斉藤氏、山本氏、監事 石倉氏が参加、オブザーバーに小林氏(NPO赤城自然塾)、丸山氏(前橋市赤城少年自然の家)、山田氏(国立赤城青少年交流の家)の3名が参加しました。また、補助事業の発注者であるランドブレイン株式会社からも2名が参加しました。

 中村氏からは世界各国の観光への取り組みや比較、日本におけるDMOの現状や今後の課題などを詳細に説明していただきました。 質疑応答では、日本型DMOの行政との関係や具体的にDMOを運営する際の質問など、多くの質問が上がりました。今後DMOについて検討する際に大変参考になる勉強会でした。 2015/10/08更新

 


・9/29(火)東京都中央区銀座のぐんまちゃん家2階イベントスペースで「群馬学講座 世界遺産にまつわる深~い物語」が行われました。

このイベントはぐんまちゃん家とNPO産業観光学習館がコラボレーションしたイベントで、当NPOの理事の方々が講義を行っています。

 この日は当NPO理事長であり、富岡製糸場世界遺産伝道師協会会長の近藤功氏による講義「世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群の果たした役割」と、同じく当NPO理事で富岡製糸場世界遺産伝道師協会理事の日下部邦彦氏による講義「富岡日記から ~工女のくらしと果たした役割」をそれぞれ午前、午後に分かれて行っていただきました。午前、午後ともたくさんの方々に参加していただいて、皆さん講師のお話を非常に熱心に聞いていらっしゃいました。

 講義の後にアンケートを行ったのですが、皆さん積極的に回答していただいて、アンケート調査員と話しこむ姿もあちこちで見られました。アンケート修了者にはぐんまちゃん家で使える3000円分の商品券が手渡されました。

 次回は10/5(月)当NPO理事、藤岡市商工会議所副会頭の小坂裕一郎氏と、同じく当NPO理事、群馬県県立女子大学教授の熊倉浩靖氏による講義が午前、午後と行われます。
※定員に達したため参加者の募集は締め切っています。  2015/10/01更新






・「親子のための絹産業遺産と自然体験スタディツアー」アンケート集計結果を公開します。 2015/08/31更新


・第1回~第3回ワーキンググループ会議の議事録を公開します。



  第1回ワーキンググループ会議議事録 2015.6.18開催
  第2回ワーキンググループ会議議事録 2015.7.16開催
  第3回ワーキンググループ会議議事録 2015.8.19開催   2015/08/31更新



・8/19(水)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」 第3回ワーキンググループ会議を開催しました。


 

今回から南 貴久さん(東京大学 工学系研究科 都市工学専攻)をメンバーに迎えて10名のワーキンググループとなりました。



 

今回の会議では市場調査の具体的な内容や調査方法、地域ストーリーのシナリオ構成案など前回までのワーキンググループ会議を踏まえ、一歩進んだ段階での話し合いが行われました。また、今後の活動計画も示され、事業計画策定に特化したワーキンググループを作ることも発表されました。今後は2つのグループで事業を進めていくことになります。
2015/08/20更新



・7/30(木)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」第1回連絡協議会報告会を開催しました。


 

群馬県、埼玉県などの自治体や各種団体から50名を超える参加者を迎え、この事業についての説明やこれまでに行った2回のワーキンググループの報告、今後の計画、質疑応答などを行いました。




 

質疑応答ではいくつもの熱い質問が出ました。そして、熊倉 浩靖 群馬県立女子大教授の素晴らしいまとめで閉会しました。
 今後、報告会は9月、12月に行われる予定で、事業の進行状況などを報告し、地域ストーリーの情報共有化を図ります。 2015/07/31更新



・7/16(木)「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」
 第2回ワーキンググループ会議、 「NPO産業観光学習館」理事会・総会を開催しました



 

正午からランチタイムミーティングを行い、昼食後、場所を移し本格的にワーキンググループ会議を始めました。
 まずは事業推進責任者の石倉氏から経過報告があり、その後地域ストーリーの検討や、市場調査についての議論が行われました。
 今日はランチタイムミーティング+2時間の会合でしたが、時間が非常に短く感じられました。
 次回は7月30日に全体報告会が行われます。




 

午後3時からはNPO産業観光学習館の理事会・総会が開かれました。12名の役員中10名が出席し、近藤理事長を議長とし会は進められました。理事会・総会ともにつつがなく進行し、フリートークの時間にはNPOの今後について、地域について、世界遺産について、様々な意見が交わされました。閉会後は懇親会が行われ、皆さん各々に情報交換をしていました。 2015/07/17更新



・6/26(金)に行われた「第一回 絹産業遺産群 解説者養成講座 特別研修会」 の
 アンケート集計結果をアップしました

 

2015/07/14更新



・「地域イノベーション協創プログラム補助金(地域資源活用ネットワーク形成支援事業) 」

 
 

正式名称:「世界遺産『絹の郷』広域連携による地域ストーリー策定・事業化推進事業」
 第1回ワーキンググループ会議を開催しました。


 

この場が初対面という方も多く、また、事業活動の最初という事もあり、緊張した雰囲気の中スタートした会議ですが、まずは1回目の会議という事で、お互いの自己紹介や事業の概要の説明、ワーキンググループの進め方など、基本的な部分について多くの時間を割き会議が進みました。
 フリーディスカッションでは参加者から様々な意見が出ました。今後、これらの意見をフィードバックし、さらに事業内容を煮詰めていくことが必要となります。 2015/07/01更新



・経済産業省が募集していた平成26年度補正予算「地域イノベーション協創プログラム補助金(地域資源活用ネットワーク形成支援事業)」に94件の応募があり、うち16件が採択されましたが、その中にNPO産業観光学習館も選ばれました!

ニュースリリース
 採択結果 ⇒ 事務局(ランドブレイン株式会社) 2015/06/10更新



・5/2(土)に行われた「親子で学ぼう絹遺産~歴史とまゆに触れる旅~」 の
 アンケート集計結果をアップしました

 

2015/06/01更新



・ホームページをリニューアルしました(^^)

 

2015/05/28更新



・リンクページを作成しました。TOPページのリンクバナーからどうぞ

 

2014/12/15更新




ページ
Topへ