1. トップページ >  
  2. 活動報告 >  
  3. 平成29年度活動予定&実績 >  
  4. 第3回 大人の社会科見学 in日野

ぺージ
Topへ
      

       2月23日(金)に「大人の社会科見学 絹遺産を知る 第3回 in日野 絹の道ツアー」を開催致しました!
       今回は総勢20名で、東京都日野市・八王子市に残る絹関連施設を見学しました。

   

   今回見学した施設は、日野桑園、新撰組のふるさと歴史館、絹の道資料館の3つです。
   そして絹の道資料館のすぐ側にある、養蚕が盛んだった当時の面影を残した「絹の道」を散策しました。


まずは2017年に登録有形文化財に
登録された日野桑園を見学。
まだ改修前なので、当時のままの
状態です。
日野市の職員の方が解説をして
下さいました。
初めて訪れる方が大半で、熱心に
解説を聞いていました。
元々はもっと蚕室があたそうです。 穴から天井を覗くと、富岡製糸場と同じ
トラス式構造が!
当時の暖房施設が残っており、
しっかりと温度管理をしていたことが
わかります。
当時の道具も残されています。 続いて「新撰組のふるさと歴史館」へ。
 
館長さんが解説をしてくださいました。
(館内はこのロビー以外撮影禁止です。)
続いて八王子市の「絹の道資料館」へ。 この資料館は養蚕農家を改修したもの
だそうです。とても広いです。
 
解説員の方が当時の様子について、
詳しく説明してくださいました。
写真なども史料として残っており、
ボリュームがありました。
絹の道を登りきると絶景が!
八王子市を一望できます。

   
   今回は日帰りツアーでしたので、沢山の方にお申込頂きました。当日の天気が心配でしたが、幸いバスを降りると
   雨が上がり、傘を使うことなく見学が楽しめました。
   見学前、絹の道と新撰組、どんな関連があるの?と皆様口々に仰っていましたが、歴史館の館長さんのお話を聞いて納得。
   私たちが前回の見学地で訪れた山形と深い関わりがあったなんて驚きでした。
   絹の道の散策はなかなか険しい道だったので、皆様お疲れのご様子でした。しかし最後に絶景を見ることが出来、
   歓声が上がりました。また、この険しい道を当時の人は使っていたのかとよく理解することができ、理解が深められたと
   いう声も聞かれました。
   次回の大人の社会科見学の行き先は「信州」!また個人ではなかなか行けないところへ行けるツアーを予定しております。
   是非ご家族・ご友人などお誘いあわせのうえ、ご参加ください♪
ありがとうございました♪